WEB制作・サイト運営

AdSenseがコンテンツポリシー変更。 情報整理のため 9月より施行

どうも、イクナガです。

ことし9月からGoogleのサイト運営者向けサービス(Adsense、Admob、アドマネージャー)のコンテンツポリシーが一部変更されます。

本記事では、変更されるコンテンツポリシーについてまとめています。

イクナガ
イクナガ
ポリシー違反をするとアカウントが停止されてしまう可能性があるので、サイトを運営している皆さんは最新のポリシーを常に把握して、ちゃんと遵守していきましょうね!

サイト運営者が必要な対応は(今のところ)なし!

今回の変更でサイト運営者が必要となる対応はありません

ただ、9月の施行とともに反映される新しいポリシー・制限事項に目を通し、運用中のコンテンツが準拠しているかどうか確認する必要があります。

今回の変更の理由は「情報の整理」のため

今回、コンテンツポリシーが変更される理由はポリシーの簡素化と合理化(情報の整理)をおこなうため、としています。

変更後は、情報は次のように整理されます。

Google サイト運営者向けポリシー

Googleがいかなるサイト運営者向けサービスでも収益化しないコンテンツ(=絶対に広告を載せてはいけないコンテンツ)タイプについての規定です。

ポリシー違反のコンテンツで収益化しようとすると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があります。ご注意ください!

  • 違法なコンテンツ
  • 児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 知的財産が不正使用されているコンテンツ
  • 絶滅危惧種を原材料とする商品を宣伝するコンテンツ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 不適切な表示を含むコンテンツ
  • 悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
  • 国際結婚の斡旋に関するコンテンツ など

国際結婚の斡旋に関するコンテンツ、とありますが、これは mail-order bride(通販サイトのように花嫁を「購入」できる仲介サービス)のことを指しています。

そのため、純粋な国際結婚についてのサイトなどは該当しません。

Google サイト運営者向け制限事項

Googleが広告の供給を制限するコンテンツタイプについての規定です。

これらはコンテンツを載せること自体は問題にはなりませんが、広告の供給が制限される可能性があります。

該当コンテンツへの広告の供給は、供給元の広告サービスによる指定や、広告主様の希望に応じた制限を受けます。場合によっては、広告枠への入札がまったく発生せず、広告が表示されないこともあります

収益化しても問題はありませんが、制限対象でないコンテンツよりは広告の供給が少ない可能性が高いです。

  • 性的なコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 爆発物に関するコンテンツ
  • 銃に関するコンテンツ
  • 銃の部品や関連商品に関するコンテンツ
  • その他の武器に関するコンテンツ
  • タバコに関するコンテンツ
  • 危険ドラッグに関するコンテンツ
  • アルコールの販売と乱用に関するコンテンツ
  • オンライン ギャンブルに関するコンテンツ
  • 処方薬に関するコンテンツ
  • 未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

情報が整理され、違反コンテンツ・制限コンテンツの違いがわかりやすくなりましたね。

それではまた。

-