お勉強企画

【漢検準1級への道】#12 イクナガ流!漢字・熟語の覚え方

この企画は、イクナガが漢検準1級の合格を目指す「お勉強企画」です。
バックナンバーはこちらから見ることができます。

どうも、イクナガです。

漢字の勉強をしていると、たまに複雑な漢字や間違えやすい漢字が登場します。

今回は、私が実践している漢字・熟語の覚え方を紹介します!!

イクナガ流!漢字・熟語の覚え方

分解してイメージで覚える

まず、私は基本的に、漢字をパーツごとに「分解」して「イメージ」で覚えます

例えば「くて(かさ)む」とか「洞穴()の中で月日が流れて(いや)になる」のように、イメージで覚えています。

イクナガ
イクナガ
字形と意味は間違えて覚えないように、ちゃんと辞書で確認しましょう!

私は、「濤」「叡」のように難しい漢字は極限まで分解して覚えました。

「サンズイの士~」は、荒れ狂う波の近くで笛を一寸(ちょっと)吹く武士というイメージです。

「トワ一八人目の~」は、永久(とわ)その叡智が語り継がれる18人目の又さんというイメージです。

常識にとらわれず、想像力をひたすら働かせましょう!

インパクトが強ければ強いほど覚えやすいですよ!

思ったことを声に出しながら書く

私は漢字の書きを練習をする時に、読み方・書き方・思ったことを声に出しながら書いています。

イクナガ
イクナガ
氾濫(はんらん)という熟語は、両方共サンズイなんだ。仲良しだね~!
イクナガ
イクナガ
丁寧の寧で寧(むし)ろって読むのか、むしろ覚えやすいな!

などなど。

手で書いて、目で見て、声に出してそれを耳で聞いて……五感をフルに使いましょう!

記憶にも定着しやすいですし、何より楽しいですよ!

熟語は列挙する

漢検の問題集は一問一答形式が多いですが、例えば小学生の漢字ドリルでは、その漢字が使われている熟語がいくつか紹介されているものが多いです。

これは、そんな小学校の漢字ドリルのように、同じ字を含む熟語を列挙して一度に覚えてしまうやり方です。

たとえば「螺」であれば、「螺旋」「螺子」「栄螺」「法螺貝」「螺髪」などの熟語を列挙していきます。

いらすとやのラインナップの豊富さは異常

純粋に問題集を解くよりも熟語をたくさん覚えられて、一石二鳥です。

調べる量・覚える量が純粋に増える=時間がかかってしまうので私もたまにしかやりませんが、漢字を深く知りたい場合にはぜひおすすめしたい方法です。

紛らわしい字は比較して覚える

紛らわしい漢字(準1級レベルの漢字で言えば「喋」「諜」「牒」/「葺」「茸」「揖」/「砦」「柴」「紫」など)は、それぞれ意味を比較しながら覚えています。

ぼんやりと「この字はこういう意味、あの字はああいう意味」と覚えておくだけでも、書く時に迷いづらくなりますよ!


さて、今回は私が実践している漢字の覚え方を紹介しました。

まだ合格もしていないのにこんな記事を書いてしまいました。

これでもし落ちたらすっげーカッコ悪いですね……。その時は鼻で笑ってやってください。

漢字の覚え方は人それぞれですが、私のこの覚え方がもし参考になれば幸いです。

それではまた!

受検日まであと49日――

-