WEB制作・サイト運営

【レビュー】WordPressテーマをCocoonからJINに変更しました。

どうも、イクナガです。

8月25日に、IKU-LOGのテーマをCocoonからJINに変更しました。

本記事では、元Cocoonユーザーから見た

  • テーマを変更した理由、JINに決めた理由
  • JINのレビュー:良い点(5つ)と課題点(3つ)

を掲載しています。

イクナガ
イクナガ
JINは無駄が少なく、とても使いやすいので、ブログ(WordPress)初心者に特におすすめしたいテーマです。

私がテーマを変更した理由

なぜ私がCocoonからJINへの変更をしたのかと言うと、自分のテンションを上げたかったからです。

Cocoonも無料WordPressテーマの中ではトップクラスの機能性を誇っていますが、見た目がイマイチ垢抜けないデザインで、「無料」ゆえに更新意欲が無くなっていました。

見た目の良い洗練されたブログにしたかったのと、ブログの更新意欲を上げるため(自分を鼓舞するために)にテーマ移行を決断しました。

JINに決めた理由

WordPressの有料テーマで有名なものは「JIN」の他に「SANGO」があります。

どちらも機能性はとても高く素晴らしいのですが、JINは「読む人も、書く人も すべてを考え抜いたデザイン」「月100万円以上稼ぐアフィリエイターのノウハウが凝縮されているテーマ」と銘打っていて、自分の求めているものに近かったのでこちらを選択しました。

ちなみに価格は、SANGOが10,800円、JINが14,800円です。
(※どちらも執筆時の税込価格)

JINの良いところ・課題点のレビュー

次に、JINの良いところを5つ・課題点を3つ紹介します。

JINの良いところ

JINの良いと思ったところは以下の5つです。

  1. カスタマイズ・設定がラクチン♪
  2. 専門知識は不要! 便利な「着せ替え機能」
  3. エディターの機能がとても豊富!
  4. 「読む」側も配慮しているサイト設計
  5. 一度購入すれば複数サイトで利用可能!

1. カスタマイズ・設定がラクチン♪

JINは項目が厳選されていて、広告やタグの設置などが非常に容易に行なえます。

例えば、広告関連であれば管理画面の「広告管理」、タグの設置関連であれば「HTMLタグ設定」にまとめられています。とても分かりやすいですね。

また、デザイン系のカスタマイズは、その場で見ながらプレビューもできます。

2. 専門知識は不要! 便利な「着せ替え機能」

また、JINには「着せ替え機能」が付いていて、デモサイトにある適用したいデザインをすぐ反映させることができます。

デモページは現在11種類用意されています

色彩感覚やデザインに自信のない人でも、すぐに自分好みのサイトが作れます!

もちろん、反映後に部分的に色を変えたり、見出しやヘッダーのデザインを変えたりというようなことも出来ますよ!

3. エディターの機能がとても豊富!

JINは月に数百万も稼ぐ敏腕アフィリエイター「ひつじさん」が制作しているだけあって、エディターにはアフィリエイターがよく使う

  • ランキング表・比較表
  • 横並びボタン
  • 5段階評価の星(「星半分」もあるので実質10段階)

など、痒いところに手が届く機能が豊富に搭載されています。

アフィリエイト記事を作るのにとっても特化しています。

こんな感じの「見出し付きのボックス」もすぐに作れます。

【覚えよう!】世界三大料理
  • フランス料理
  • 中華料理
  • トルコ料理

ただ、吹き出しについては、ショートコードでアイコン画像や吹き出しの色などを変更しなくてはならないので、WordPress初心者にはちょっと難しいかもしれません。

イクナガ
イクナガ
ちなみに吹き出しというのはコレのことです。

姉妹サイトの「イクナガ ツールズ」では、JINの吹き出し用のショートコードを生成する便利ツールを公開しているので、ぜひ使ってみてくださいね!

4. サイト回遊率を上げる工夫が随所にある!

JINでは、TOPページのコンテンツマガジンや、ヘッダー下のピックアップメニューなど、サイトの回遊率(他のページも見てくれる率)を上げる工夫が随所にあります。

当サイトはまだコンテンツが少なくて恥ずかしいのでどちらも使っていませんが……使用感はデモページから確認できます。

私はピックアップメニューにカーソルが触れたときのアニメーションが特に気に入っています。

5. 一度購入すれば複数サイトで利用可能!

JINの価格は14,800円ですが、一度ライセンスを購入すれば複数サイトで使えます

ブログやサイトを複数運営したい!という方にもオススメのブログテーマです。

JINの課題点(頑張ってほしいところ)

JINの課題点(頑張ってほしいところ)は以下の3点です。

  1. ブログカードは外部サイトに対応していない
  2. ちゃんと対策しないと読み込み速度が遅い
  3. とても細かい設定はできない

1. ブログカードは外部サイトに対応していない

JINには、記事の段落にサイト内のリンクを貼ると自動で「ブログカード」に変換される機能があります。

↓こんな感じで自動でアイキャッチ画像付きの装飾されたリンクになるのですが、この機能、外部サイト(外部リンク)には対応していません

一応「Pz-LinkCard」というプラグインを入れれば対応できるのですが、Cocoonではプラグイン無しでも外部サイトをブログカード化できていたので、この部分はちょっと残念ですね。

2. ちゃんと対策しないと読み込み速度は遅め

JINは見た目の美しさを重視しているためか、読み込み速度は遅く(重く)なりがちです。

ですが、プラグインの導入などできちんと対策することで十分な高速化は可能です。

私は以下のプラグインを導入して高速化しました。

  • Autoptimize:
    CSS・JS・画像ファイルのインライン化・キャッシュ化が行えるプラグインです。インライン化・キャッシュ化は、どちらも読み込み速度向上が期待できます。
  • EWWW Image Optimizer:
    画像の容量を圧縮するプラグインです。Googleが推奨する新しい画像形式「webp形式」の出力も可能です。
  • BJ Lazy Load:
    画像やiframe(アドセンス広告やGoogle Mapsの地図など)の読み込みを遅延(後で読み込み)させるプラグインです。容量の大きなファイルの読み込みを後回しにするので、体感的に表示速度が早くなります。
  • Quicklink for WordPress:
    リンクにカーソルが乗ったタイミングでリンク先のページを先に読み込みをするプラグインです。裏で先に読み込んでいるので、体感的には非常に早くなります。

また、JINは、Googleが推進しているAMPやPWAが未対応です。

【AMP】
GoogleとTwitterが共同で開発している、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワークやページのことです。AMPはAccelerated Mobile Pagesの略で、日本語訳すると「加速されたモバイルページ」という意味です。

【PWA】
モバイル向けWebサイトをスマートフォンアプリのように使える仕組みのことです。更新時にプッシュ通知を出したり、オフライン状態での接続に対応させることができます。PWAはProgressive Web Appsの略で、日本語訳すると「革新的なウェブアプリ」という意味です。

サイトをAMP化するプラグインは存在しますが、サイトの機能や見た目が大幅に制限されてしまいます。

そのため、ブログを書くならAMP必須!! という考えの人はJINはおすすめしません。

イクナガ
イクナガ
技術的に新しいものはCocoonのほうが色々積極的に取り入れています。

3. とても細かい設定はできない

JINは初心者向けとして設定項目が厳選されているため、とても細かい部分の設定に対応していません

例えば、Cocoonにはあった

  • SNSシェアボタンの個別の追加・削除(LINEのシェアボタンを消したり、Pinterestのピンボタンを追加したり、といったことができない)
  • カテゴリーページ・タグページの2ページ目以降のnoindex(noindex自体は「SEO設定」から設定できるが、1ページ目も含んだ全体の設定になる)
  • ソースコード掲載時のハイライトのスタイルの変更(選択肢が与えられていない)
  • ブログ記事の更新日時の設定(たった1文字の修正でも更新すると更新日が変わってしまう)
  • 吹き出しの形状の設定(LINE風や、心の声や考え事を表す吹き出しが用意されていない)

などは、設定項目が見当たりませんでした。

細かい部分までこだわりたい場合、プラグインで対処したり、自力でPHPなどを駆使して実装する必要があるようです。

イクナガ
イクナガ
汎用性が高いので、オリジナルの機能とかは組み込みやすいかもしれません。

JINの良い点・課題点まとめ

良い点・課題点をそれぞれあげましたが、全体的に言える特徴は「無駄が少なく、とても使いやすい」こと。

こだわりたい上級者・新しいWeb技術をドンドン取り入れたい人にとっては物足りなさを感じるかもしれませんが、これからブログを始めたい方・ブログを始めて間もない初心者には特にオススメしたいテーマです。


ということで、本記事は以上となります。

夢中で書いているうちに4000文字くらいになってしまいました…!

移行してからから2週間くらい経ちますが、今のところ検索流入は「極端に落ちた・増えた」ということはなく、これまで通り推移しています。(この結果が分かるのはもう少し先になりそうですね!)

この記事がJINへの移行を検討している皆様に少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!

-