mojimoのフォントをInkscapeで使う方法

本記事では、定額制フォントサービス「mojimo」をInkscapeで使う方法を紹介しています。

前置き:Inkscapeはシステムフォルダにあるフォントしか使えない!

Inkscapeは、システムにインストールしているフォントしか読み込んでいません。

通常であれば、フォントを選択して右クリック>管理者権限で「すべてのユーザーに対してインストール」で解決します。

ところがmojimoは専用のソフトウェアで自動でインストールさせる形式になっているため、インストールの方法を選ぶことが出来ません。

本題:mojimoのフォントをInkscapeで使う方法

ここからは、mojimoのフォントをInkscapeで使う方法について解説していきます。

mojimoフォントも使えるようにInkscapeのシステムファイルを編集する作業です。

STEP 1
Inkscapeのシステムファイルを開く

まずは、Inkscapeのシステムファイルを開きます。

場所は C:\Program Files\Inkscape\etc\fonts\conf.d です。

このフォルダの中に 51-local.conf というファイルがあるので、それを開いておきます。

※編集をする前に、念のためバックアップを取っておくと安心です。

STEP 2
mojimoフォントのファイルの場所を特定する

次に、mojimoの一時ファイルの場所を特定していきます。

Windowsの場合、mojimoのフォントは C:\ProgramData 内に一時ファイルとして格納されているようです。

C:\ProgramData 内で、FOT-*.otf などと検索すれば、インストールされたフォントがヒットするかと思います。

どれでもいいので右クリック→ファイルの場所を開くを選択すると一時ファイルのディレクトリに移動するので、パスをコピーしてください。

STEP 3
STEP 2で見つけたパスをSTEP 1のシステムファイルに追記

最後は、STEP 2で見つけたパスを、STEP 1のシステムファイルに追記していきます。

51-local.conf ファイルを開くと、<fontconfig>というタグで囲まれた中に

<dir>STEP 2で見つけたパス</dir>

を追記してください。

Inkscapeのバージョンなどによって異なりますが、こんな感じになればOKです。(この場合、6行目に追記しています。)

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
    <!-- Load local system customization file -->
    <include ignore_missing="yes">local.conf</include>
    <dir>C:\ProgramData\{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}</dir>
</fontconfig>

追記が完了したら保存してシステムファイルを閉じてください。

STEP 4
Inkscapeを再起動してフォントが追加されているか確認する

Inkscapeを再起動して、フォントが追加されているか確認してください。


Inkscapeでmojimoを使う人がどれぐらいいるのか分かりませんが、なかなかレアな対処法だったので備忘録的に書いてみました。

お役に立てれば嬉しい限りです。