日々の綴り

【怪文書】8月31日の翌日が9月1日っておかしくない?!

どうも、イクナガです。

今回は【怪文書 Advent Calendar 2018】17日目の参加記事ということで、私が8月33日(9月2日)にイクナガ ツールズで公開したジョークツール「今日は8月何日?」についてお話します。

このツールは、「8月31日が終わってしまったけど、まだまだ8月気分を味わいたい!」という学生さんに応えるべく作りました。

8月31日の翌日も、8月32日、8月33日、8月34日、と翌年の7月31日までカウントを続ける設計になっています。

日付はサーバの時間と「8月1日」の差から算出し、画像はPHP+Imagickで出力しています。

8月36日くらいで数えるのが面倒になってしまう学生諸君も、このツールがあれば、たとえ真冬でも今日が8月何日かすぐに分かります。

また、ホーム画面に追加することで、カレンダーアプリのように今日の日付が表示されます。

※iOS版のみの機能です。仕様上、日付の更新はアイコンをタップしてページを開く必要があります。

8月100日(11月8日)には、スキンを選べるようになりました。今後不定期でスキンを追加していく予定です。

なぜ作ったのか?

なぜこのツールを作ったのか……。

理由は色々あるのですが、特に大きかったのは「暦という概念に一石を投じたかったから」です。

みなさんは今年「平成最後の」というフレーズを何回耳にしたでしょうか?

平成最後の甲子園」

平成最後のハロウィン」

普段西暦を使っているくせに、今年5月以降、途端に狂ったように

平成最後のクリスマス」

平成最後の年越し」

うるさい、うるさい、うるさァァァアい!!

お前の命を今ここで終わらせてやろうか!?

……失礼。話を戻しましょう。

平成最後だろうとなかろうと、かけがえのない一日が過ぎていくことに変わりはありません。

そう考えてくると、暦というシステムって、あまりにも形骸化していると思いませんか?

今日が12月17日であれ8月139日であれ、太陽は昇り、そして沈んでいくことでしょう。

8月139日だからといって、家から出られなくなったり、文字化けしたり、お父さんの身体が透けたり、お母さんと会話するだけでフリーズしたりすることはありません。

ではなぜ、8月31日の次の日が9月1日なんでしょう?

せっかく31まで積み上げてきたものを崩して、1からやり直す必要性がどこにあるのでしょう?

富国強兵の名残ともいえるブラック校則などの古臭い風習に異を唱えている人はよく見かけますが、8月31日が9月1日になってしまう暦の摂理に異を唱えている人はほとんど見かけません。

せいぜい夏休み明けの学生が数日限定で冗談交じりに愚痴る程度でしょう。

しかし、私は言い続けます。

「暦なんてただの飾りだ」と!!

さあ、これからは他の月のことなんて忘れて、32、33と積み上げていきましょう。

終わってほしくない夏休みを続けましょう。

学校も仕事も、このカレンダーの8月が終わってから行けばいいんです。

どうせ行ってもロクなことないんですから。

それに、8月の「8」は書いたところに戻る無限ループの数字でもありますから、「こうなるべくしてなった」と思えば何の違和感も無いはずです。

大丈夫です。ちょっと寒いけど、今日は8月です。8月139日です。

明日も8月ですよ。8月140日です。

明後日も、明々後日も、ずっと。

ずっと、ずっと、ずっとずっと8月ですよ。

-