[解決済] Shift+2でアスタリスク(*)が出る?!

どうも、郁永(イクナガ)です。

今日、7年くらい使っていたPC用のキーボードを新調しました。

Bluetoothで接続するタイプだから、iPadでも使えるよ♪

新品キーボードにウキウキしながらPCに繋いだところ、ある問題が発生…!

Shift+2 を押すとアスタリスク(*)が出る?!

Shiftを押しながら何らかのキーを入力すると、キーに刻印されたものとはまったく違う記号が出力されてしまうのです。

Shift+2 → *(アスタリスク)
Shift+6 → ‘(シングルクォーテーション)
Shift+8 → ) (半角の閉じカッコ)
Shift+9 → 何も入力されない

こんな感じ。オイオイ、じゃあ ((半角の始めカッコ)はどうやって入力するんだ、と思い手当たり次第に試してみたら、Shift+:でした。

_(アンダーバー)なんて、「あんだーばー」を変換しないと入力できない始末!

めっちゃくちゃ使いづらい!! なんとかして!!

キーボードが英語配列として誤認識されていた……わけではなかった

キーボードが英語配列(US配列)として認識されると Shift+2でアットマーク(@)が出てしまうのですが、今回はアスタリスク(*)が出ています。

念の為、キーボードのメーカーが提供しているツールやレジストリエディターで設定を確認してみましたが、ちゃんと日本語配列として認識されていました。

検索してみても、英語配列による「Shift+2でアットマークが出る!」記事はいくらでも見つかるものの、「Shift+2でアスタリスク(*)が出る!」記事は見つからず、途方に暮れそうになりました。

原因すら分からないのはとても困ります……

困ったときのTwitter先生

ダメ元でTwitterで検索したところ、似た症例の方を発見しました!

この方によると、iOSモードに切り替わっていたのが原因だそう。

そういえば、心当たりが……

Bluetoothで接続するタイプだから、iPadでも使えるよ♪

そう、これ!

実は、Windowsパソコンに接続する前に、iPadで動くか試していたのですが……

その時に設定した入力モードがWindowsに接続した後も生き残っていた、というのが原因でした。(てっきりWindowsで接続したから自動で切り替わるものだと……汗)

Fn+Qで無事に入力モードが切り替わり、キーボードに刻印されたとおりの文字が入力できるようになりました!

私のキーボードの場合、Fn+QでWindows / Fn+WでMac / Fn+EでiOS で切り替えできました。
私の場合、自分でiOSモードに切り替わっていましたが、ショートカットキーを押し間違えたりしていつの間にか切り替わっていた! なんてこともありそうなので、同じような症例が出た方は入力モードを確認&再設定してみてくださいね!

気が付けば、数ヶ月ブログ放置していました……。

書きたい記事が山盛りなので、少しづつ消化していきたいと思います。
(ああ、また数か月放置するパターンが見える)

タイトルとURLをコピーしました