[Twitter] Tweet Web Intentを使ったツイートボタンの作り方・パラメータ一覧

本記事は、Twitterのシェア用URL「Tweet Web Intent」の使い方についてまとめています。

「Tweet Web Intent」を使えば、オリジナルの画像をツイートボタンにしたり、JavaScriptが使えない環境(wiki系サービスなど)でもツイートボタンを設置することができます。

基本:Tweet Web Intentの使い方

Tweet Web Intent の基本形はこのような形です。

https://twitter.com/intent/tweet?text=Hello%20World!!

パラメータ名=の形式でツイート内容などを指定します。

上のURLをリンクとして設定すると、あらかじめ「Hello World!!」とツイート欄に入ったツイートページに移動させることができます。

動作サンプル:こんな感じ!

の部分はURLエンコードを行ってください。(URLエンコードとは半角スペースが%20に変わっているのはURLエンコードによるものです。)

簡単にツイートリンクを作れるツール

姉妹サイト「イクナガ ツールズ」ではエンコードやパラメータなどの知識がなくても簡単にURLを作れるツールを公開しています。

ぜひお使いください!

参考 ツイートリンク生成ツールイクナガ ツールズ

応用:使用できるパラメータ一覧

パラメータ名=&で連結することで、複数のパラメータを指定することができます。

※ここから例示するURLは見やすさ重視のためエンコード前のものですが、実際はURLエンコードを行う必要があります。

https://twitter.com/intent/tweet?text=ツイート内容&url=URL&via=アカウント名

text:ツイートの本文

最初に紹介したパラメータで、ツイートの本文に当たります。

https://twitter.com/intent/tweet?text=ツイート本文

Twitterには140文字(半角英数は0.5文字換算)という成約があります。

後述のurlやhashtags、viaの値を含めると140文字を超えてしまうとツイートすることはできません。

url:URLのシェア

ツイートにURLを関連付けます。ツイートの末尾にURLが追加されます。

https://twitter.com/intent/tweet?url=https://blog.ikunaga.net/

bit.lyやgoo.glなどの短縮URLを使うことも出来ます。(ちなみに今のTwitterは、URLの文字数に関わらず23文字前後のURLとして扱われます。)

hashtags:ハッシュタグ

ハッシュタグを指定します。ツイートの末尾に追加されます。

#マークは付けず、複数指定する場合は,で区切ります。

https://twitter.com/intent/tweet?hashtags=イクログ,ikulog

ハッシュタグが1つでもパラメータはhashtagsと複数形になっているのでちょっと注意です。

via:アカウント関連付け「@xxxxさんから」

ツイートの末尾に「via @example」や「@exmapleさんから」が追加されます。文言は後述のlangによって変わります。

@マークは付けずに指定します。

https://twitter.com/intent/tweet?via=ikunaga_web

※補足※ URLやハッシュタグの順番について

ツイート内容はパラメータの指定した順番に関係なく、text→url→hashtags→viaの順番で文言が作られます。

もし違う順番にしたい場合は、textにURLやハッシュタグなどを記入してください。(その場合は#@を付けてください)

また、ここまではすべてtextで代用できるものですが、ここから紹介するパラメータは特殊な挙動をするパラメータです。

in_reply_to:リプライ形式でツイート

特定のツイートに対する返信として投稿するパラメータです。

https://twitter.com/intent/tweet?in_reply_to=1244587870842523659

この数字の羅列はツイートIDを指定します。

ツイートIDとは、ツイート詳細ページのURLの一番最後の数字( https://twitter.com/ikunaga_web/status/1244587870842523659 なら、1244587870842523659 )のことです。

related:ツイート後にプロフィール+フォローボタンを表示

relatedは、ツイート後に指定したアカウントのプロフィールとフォローボタンを表示させるパラメータです。

https://twitter.com/intent/tweet?related=ikunaga0,ikunaga_works

カンマで区切って最大2アカウントまで指定できます。via同様@は付けません。

lang:ツイート言語を指定する

langは、言語コードを指定することでツイートページの「今どうしてる」や「ツイート」ボタンなどの文言の言語を変更することができます。

何もしない場合はログイン中のユーザーの言語設定が適用されるので、特に意味がなければ指定しないほうが無難です。

https://twitter.com/intent/tweet?lang=en
主な言語の言語コード
日本語:jp
英語:en
中国語(簡体):zh-CN
中国語(繁体):zh-TW
韓国語:ko
ドイツ語:de
ロシア語:ru
イタリア語:it
フランス語:fr

original_refererは使えなくなった

以前はoriginal_refererというパラメータでURLを指定することで、ツイート後、指定URLのリンクを表示させることができました。

現在は使えなくなっています。


Twitterは公式側でシェアボタンが用意されているので「Tweet Web Intent」を使う機会は少ないかもしれませんが、お役に立てれば幸いです!

それではまた。